yowakuokubyounazankoku okazaki jun

ISBN:

Published:

Kindle Edition

42 pages


Description

yowakuokubyounazankoku  by  okazaki jun

yowakuokubyounazankoku by okazaki jun
| Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 42 pages | ISBN: | 5.58 Mb

FEMDOM女王様と男奴隷の物語。それもハードSM。けれどもそこには、切ないまでの女の情愛が隠れていた。時代は大戦から数年後。その頃ではめずらしい若き女弁護士レイチェルは、どうしようもないマゾ男に出会い、フール愚か者と名をつけた。男などくだらない。恋愛などウソっぱち・・けれども、フールの献身的な奉仕に、凍りついていた女心が溶けていく。(抜粋)「遊ばせ男が欲しいだけ」「はい」「慕うだのどうだのと情緒は嫌い」「はい」「言葉は私、声がおまえ。声は意味を持たないわ」「はい」「おまえのことなど何も訊かないMoreFEMDOM=女王様と男奴隷の物語。それもハードSM。けれどもそこには、切ないまでの女の情愛が隠れていた。時代は大戦から数年後。その頃ではめずらしい若き女弁護士レイチェルは、どうしようもないマゾ男に出会い、フール=愚か者と名をつけた。男などくだらない。恋愛などウソっぱち・・けれども、フールの献身的な奉仕に、凍りついていた女心が溶けていく。(抜粋~)「遊ばせ男が欲しいだけ」「はい」「慕うだのどうだのと情緒は嫌い」「はい」「言葉は私、声がおまえ。声は意味を持たないわ」「はい」「おまえのことなど何も訊かない。身の上に意味はない。おまえの名にも意味はない。私はレイチェル」「はい、レイチェル様」 レイチェルは冷めた視線で男を見据えた。 その男は女の目を見つめるだけであり、レディの体を見回すような非礼はしなかった。 好感が持てる。レイチェルは直感のようなものを感じていた。「いいわ、行きましょう」



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "yowakuokubyounazankoku":


synergiai.pl

©2014-2015 | DMCA | Contact us